2019年、入社希望者向け事業紹介映像を制作しました。

0

    東京鋲螺工機への入社に興味をもってくださっている方向けに、当社の事業内容を知っていただくことを目的に紹介映像を制作しました。

    早稲田大学の学生が制作してくれました。手作り感満載です。

     

    1.短編(1分間)版

     

     

    2.長編(4分間)版 

     

     

    ぜひ、ご覧くださいませ。


    泰日工業大学で開催されたジョブフェアに参加しました。

    0

      2019年1月9日、タイ国バンコク都にある泰日工業大学にて開催されたジョブフェアに参加しました。

       

      KIMG0356.jpg

       

      KIMG0359.jpg     KIMG0370.jpg

       

      日本のモノづくりを実践している大学なので、参加企業はほとんどが日系企業でした。

       

      今年卒業予定の大学生、大学院生だけでなく、必須単位であるインターシップで訪れる企業を探している大学3年生も来られ、予想以上の熱気でした。

       

                          KIMG0367.jpg

       

                          KIMG0369.jpg

       

      当社は、タイ国に工場を持ち、お客様は、東アジア、東南アジアだけでなくアジア一円

      におられます。

      日本の本社工場勤務で、日本人のみならず、優秀な外国人学生を募集しています。

       

      当社の募集内容は以下の通りです。また、年齢に上限はありません。

      ご興味がおありの方はご応募ください。

       

      【募集職種】

       

       ヽこ葦超斑甘+金型設計エンジニア

      仕事内容

       

       東南アジアやインドなどの顧客を担当。

       様々な用途に応じた金型の設計

       

      採用人数

        1名

      採用条件

       

       大卒、大学院卒。理系のみ。

       日本語検定3級以上の資格を保有。

       

       

       製造スタッフ

      仕事内容

       

       NC工作機械(マシーニングセンター、放電加工機など)

       操作して、超硬合金製の金型・部品を製造する業務。

       

      採用人数

        1〜2

      採用条件

       

       大卒、大学院卒。理系、文系は問いません。

       日本語検定3級以上の資格を保有。

       

       力の必要な業務ではありません。女性の繊細かつ感性が

       発揮できる業務です。


       将来、タイ国勤務があるかもしれません。

       

       

      【勤務地】 東京鋲螺工機()本社工場(日本国埼玉県新座市)

            

            タイ人学生の場合は、日本の労働ビザがおりるまでは、

             Tokyo Byora(Thailand) Co,.Ltd.にて勤務していただきます。

       


      Thai-Nichi Institute of Technology , Ms.Benze

      0

         

              私の名前ベンツです。泰日工業大学からです。けんしゅうせいです。

        821日から928日までです。東京鋲螺工機株式会社でけんしゅうせいです。

        そう日、私は日本語が心配しました。でもみんなさんはだんだんゆくりはなしました。漢字と言葉もせつめいてくれました。そして私はしことがちょっとわかりました。

         

              六週間中 いろいろなしことをしました。たとえばCADとワイヤーカットとラツプとかたぼりほうでんとせんばんをべんきょうしました。しことについてかながたと組ダイスですが、私はちょっとわかりませんでした。でもみんなさんは私にしことをおしえてくれました。みんなさんがやさしかったです。私はとてもうれしかったです。

        831日、パーティがあったです。

         

         

         

              921日、ぜんぱいといっしょうpizzaをたべました。いろいろpizzaがあったです。

        1538094025985.jpg

         

        1538094023013.jpg

         

         

              927日、しゃちょうとこうさんはわたしとムックさんにっしょうに富士河口湖でつれていきました。

        IMG_0691.JPG

         

              いろいろないいところです。たとえば、ここはサンリオピューロランドです。ここでとてもかわいかったです。

         

         

              そしてここは東京ディズニーランドです。ここは遊園地です。いろいろのりものがたくさんあったです。とても楽しかったです。でもぜんぶのりものをひかないです。多いひとがいました。

         

         

              ここにインターンシップできてかったです。いい思い出ができて、ほんとにありがとうございます。

         


        Thai-Nichi Institute of Technology , Ms.Mook

        0

          私はムックです。タイから来ました。泰日工業大学の大学生です。東京鋲螺工機で6週間にインターンシップです。6週間はいろいろな経験をもらいました。みんなさんにあいさつしましたし、事業と品質管理説明をもらいましたし、日本語を教えてもらいましたし、そして機械かたを教えてもらいました。

           

          Welcome Party ありがとうございました。

           

           

          私はワイヤーカット放電加工は 1週間を練習しました、型彫り電加工研修も 1週間を練習しました。ラップ加工研修は3日を勉強しました。そして受注業務とCADによる金型設計研修は 1週間を練習しました。今はその機械はもっとできるになりました。

           

           

            

           

           

          最後の週はお客さんの工場で見に行きました、 

          Fujisanに見に行きました。見えないでも幸せかったです。

          Fujisanを見えませんでした。(笑)

           

          手を洗って、

           

          Fujisanを見たいです。

           

          食事にいきました、ありがとうございました。

           

           

          そして 休みの日はいろいろなところに行きました。

          Disney Land と Sanrio Puroland に行きました。

           

           

          お寺も行きました

           

          6週間は楽しかったし、幸せかったし、素敵な時間です。

          東京鋲螺工機で6週間にインターンシップはよかったです。みんなさん本当にありがとうございました。


          Thai-Nichi Institute of Technology , Mook

          0

            私はムックです。タイから来ました。泰日工業大学の大学生です。東京鋲螺工機で6週間にインターンシップです。6週間はいろいろな経験をもらいました。みんなさんにあいさつしましたし、事業と品質管理説明をもらいましたし、日本語を教えてもらいましたし、そして機械かたを教えてもらいました。

             

            Welcome Party ありがとうございました。

             

             

            私はワイヤーカット放電加工は 1週間を練習しました、型彫り電加工研修も 1週間を練習しました。ラップ加工研修は3日を勉強しました。そして受注業務とCADによる金型設計研修は 1週間を練習しました。今はその機械はもっとできるになりました。

            最後の週はお客さんの工場で見に行きました、 Fujisanも見に行きました。見えないでも幸せかったです。

             

            勉強していました。

              

             

            Fujisanを見えませんでした。(笑)

             

            手を洗って、

             

            Fujisanを見たいです。

             

            そして 休みの日はいろいろなところに行きました。

            食事にいきました、ありがとうございました。

             

             

            Disney Land と Sanrio Puroland に行きました。

             

             

            お寺も行きました

             

            6週間は楽しかったし、幸せかったし、素敵な時間です。

            東京鋲螺工機で6週間にインターンシップはよかったです。みんなさん本当にありがとうございました。


            泰日工業大学の学生インターンシップ2018

            0

              今年もタイ国、泰日工業大学の学生さんがインターンシップで来てくれました。

               

              工学部4年生のムックさんとベンツさんの二人です。

               

              8月21日から9月28日まで6週間にわたり、当社で様々な金属加工技術、

              そして製図を学んでいただきます。

               

              Bentsuさn-3_R.JPG  Mookさん-4_R.JPG

                  ベンツさん          ムックさん

               

              二人とも笑顔が素敵で日本語会話が上手なので、当社の皆ともすぐに

              打ち解けてくれました。インターンシップはスムーズに進んでいます。

               

              このあいだ、近所のレストランで歓迎会を行いました。

               

               

               

              IMG_3990_R.JPG  IMG_3987_R.JPG

               

               


              タイ工場は操業開始から3年となりました。

              0

                タイ工場(Tokyo Byora(Thailand) Co,.Ltd.)は2015年8月に操業を開始

                しました。それから早くも3年が経ちました。

                 

                現在、スタッフは、製造部6名(工場長を除く)、業務部2名、計8名です。

                 

                タイ人スタッフと社長高味。前列右から二人目が高味。

                 

                まだまだ当初目指した体制には至っていませんが、工場スタッフの腕前

                は期待していたレベルになりました。日本品質を実現しています。

                 

                放電加工担当者は、一人で機械2台を操作できますし、ラップ(鏡面磨き)

                の担当者は、スピードはまだまだですが、異形穴、微細穴でも問題なく

                行えます。

                 

                お客様は、タイ国内、東南アジアだけでなく、インドまで広がっています。

                 

                2年後の5周年までには、東京鋲螺工機とほぼ同等の生産性を目指します。

                 


                タイ工場の工作機械増設

                0

                  タイ工場(Tokyo Byora(Thailand)Co,.Ltd.)は事業開始から3年が

                  たちました。

                   

                  今年は、2018年5月から6月にかけて、5台の機械・装置を増設しました。

                  油圧プレス機、細穴放電加工機等です。日本などから輸入しました。

                  これでほぼすべての工程を内製できます。

                   

                  結果、組み式の高難度の金型を除いて、冷間圧造用・プレス用の

                  超硬合金製金型、および超硬合金製機械部品が製造できるように

                  なりました。

                            

                          機械搬入時の写真

                   

                   

                   

                     

                   

                   


                  2018年4月新卒入社式

                  0

                    4月2日、社員全員が見守る中、今年の新卒者入社式を行いました。

                     

                    1名ですが、昨年4月の内定から当社入社の意志が変わることなく、初志を貫徹し、

                    この日を迎えました。

                     

                     

                     

                     

                    製造部に配属となります。

                    まずは一人前の社会人に育ててまいります。

                     

                    機械工学を大学で専攻し、機械加工の専門知識を身につけていると期待していますので、ゆくゆくは

                    当社の技術開発を担う人材になってほしいと思います。

                     


                    東京中小企業診断士協会より工場見学

                    0

                      今月23日、東京都中小企業診断士協会城北支部/中央支部より、19名の方が見学に来られました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          社長はタイに出張中でしたが、スカイプを通じて、社長が会社説明ならびに事業方針の説明をされました。

                       

                      ・「当社の金型はどう社会貢献している」

                      ・「当社の固有型加工技術Tokyo-Aceとは?」

                      ・「海外事業(タイ工場)の進み具合」

                      ・「若い世代への技術の伝承」

                       

                      見学者に来られた方はたいてい金型に関してあまり知識はないようでしたが、興味津々で、話を

                      聞いていただけました。

                       

                      その後、19人を二班に分けて、工場内を簡単に案内しました。

                      当社が超硬合金金型をどんな工程で製造しているかを通じて、鉄(超硬合金)の塊から部品を量産

                      する金型として誕生させているかを理解して頂けたと思います。

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 難加工技術展2011で世界初!?の加工技術を初披露
                        高味
                      • 難加工技術展2011で世界初!?の加工技術を初披露
                        urayama

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM