難加工技術展2011で世界初!?の加工技術を初披露

0
    当社は、以前から、超硬合金への直彫り、金型の磨きレスに挑戦してまいりました。
    そしてこの度、(世界初!?)超硬金型を量産化することに成功しました。

    まだまだ形状等に制約がありますが、一部の金型においては、月間1000個量産することが可能です。納期においても、1ロット30個のご注文でも従来の半分以下の期間、1週間程度に短縮することが可能となりました。

    今回、初めてその加工技術を公開いたします。

    【主な出展物】●直彫り、磨きレスの超硬金型、加工サンプル
             ●世界最小のヘッダー金型
             ●超硬合金製プレス金型部品
             ●超硬合金製の各種機械部品


    難加工技術展2011

     _餞:2011年7月6・7・8日

     会場:ポートメッセなごや

     E社ブース:N02 

    コメント
    超硬加工を月間1000個可能という裏付けは?
    何台の機械で行うのでしょうか。
    仮に1台だとしたら一日(月稼働日25日)40個ですね。
    おそらく工具は単結晶ダイヤモンドかPCDだろうと思われますが、1個の工具でどの程度加工できるのか?
    面粗度も変化してくるはずですが、その管理はどうしていますか?
    本当に可能ならば画期的なことですが....
    • urayama
    • 2011/06/08 12:37 PM
    1000個製造は1台の機械でです。

    ただしまだ一部の金型しか量産にはいたっていませんし、自動車産業の減産で月間1000個受注は達成できてません。

    7月にその状況に持ち込めるよう受注に取り組んでいます。

    上海より。高味
    • 高味
    • 2011/06/10 5:03 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 難加工技術展2011で世界初!?の加工技術を初披露
      高味
    • 難加工技術展2011で世界初!?の加工技術を初披露
      urayama

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM