「型技術5月号」に当社紹介記事が掲載されます

0

    日刊工業新聞社が発行されている月刊誌「型技術5月号」に当社紹介記事が掲載されます。

     型技術の紹介 → http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0005

     

    「金型の未来を拓く技術者たち」という92回も連載されているコーナーに当社社員

    が登場します。3人の社員のモノづくりへの思いを中心に、業務内容が紹介されます。

    あわせて当社の最近のトピックスも紹介されます。

     

    4月15日発刊予定「型技術5月号」にご期待ください。

     

     


    当社の紹介映像は完成しました

    0

      12月に撮影し、その後編集を行っていた当社紹介映像はかんせいし、当社ホームページとユーチューブで公開しています。

      「社員の声」を中心に、当社社員の生の声を聴いていただけます。

       

      字幕は日本語と英語とそれぞれがあります。

      ぜひご覧くださいませ。

       

       日本語字幕   http://www.tbyk.co.jp/

       英語字幕    http://www.tbyk.co.jp/en/


      当社紹介映像の撮影を行いました

      0

        当社の事業内容を世界中の方に広く知っていただくことを目的に企業紹介映像を制作することにしました。

        螢ールムービー・ジャパンに制作を委託し、12月15日に本社工場にて撮影を行っていただきました。

         

        撮影時は2人のスタッフが来られ、3時間半かけて、5名のインタビュー、社内の仕事風景等を撮っていただきました。

         

         

         

        タイ工場の紹介映像も挿入し、日本語版と英語版を制作します。

        1月中旬に完成予定です。出来上がりが楽しみです。

         

        当社ホームページに掲載いたしますのでぜひご覧くださいませ。

         


        METALEX2016に出展しました

        0

          先日、タイ国バンコク都でおこなわれた展示会METALEXに出展しました。

                                           

          先月、タイ国王陛下がお亡くなりになり、一時は予定通り開催されるの
          だろうかと不安でしたが、変更はありませんでした。
          いつも通り盛況だったそうです。
                                          
                                                
          METALEX2016概要
            会場: タイ国バンコク都 「BITEC」
            会期: 2016年11月23日(水)〜26日(土)10時−19時
                                                
          日本本社から社員2名、タイ子会社Tokyo Byora (Thailand)からも社員が
          随時応援に行ってくれました。
                                             
           
          当社は、タイ国ではまだあまり知っていただいていない当社独自の超硬合金
          直彫り加工技術を紹介することを目的とし、Tokyo-ACEの各種サンプルを
          展示しました。
                                           
          また、超硬合金金型に限らず、樹脂成型用の高精度金型、プレス用高精度
          金型もTokyo Byora (Thailand)で製造できますのでその紹介も行いました。
                                             
          日系企業、タイ国ローカル企業から様々なお問い合わせをいただきました。
                                            

          バンコクでの埼玉県知事との懇談会

          0

            2016年10月26日、タイ国バンコク都にて埼玉県上田知事と埼玉県のタイ国進出企業幹部との間で懇談会が開催され、工場長沢田が出席しました。

             

                 前列左から3人目が上田知事。

                 後列右から4人目が工場長沢田です。


            最新鋭ワイヤーカット放電加工機を導入しました

            0

              当社はこの度、本社工場に、ソディック製最新鋭ワイヤーカット放電加工機ALN400Qを導入しました。

               

               

              近年、精密プレス金型や大型の冷間鍛造金型のご注文が増えていますので、深穴加工や長尺品の生産性向上を期待しています。


              埼玉県インダストリアルツーリズムに参加しています。

              0

                埼玉県は、インダストリアルツーリズムを促進するため、外国人の見学や体験が可能な工場等を紹介する、多言語のガイドブックを作成されました。

                https://www.pref.saitama.lg.jp/a0806/top-news/20160401-1.html

                 

                インダストリアルツーリズムとは工場見学のことです。

                 

                当社も参加していますので、当社の案内を日本語、英語、台湾語(繁体字)、中国語の4種類で作成いただきました。

                上記のアドレスに掲載されています。


                タイ工場稼働1周年

                0

                  おかげさまでタイ工場(Tokyo Byora(Thailadn) Co,.Ltd)が稼働から1年が経ちました。

                   

                  この1年、いいことも困ったこともさまざまありました。思い起こせばいい思い出ですし

                  次の1年に向けての励みになります。

                   

                  スタッフは社長高味を入れて9名(写真撮影時、営業担当カンチャーナーは不在)です。

                  ラップ技術はまだまだですが、放電加工や旋盤、研削技術は大いに向上しました。

                   

                  職種によっては採用が難しく、苦労していますが、来年1月には2名採用して11名を

                  予定しています。

                   

                  撮影は2016年9月9日、Koyo precision(Thailand)清藤社長におこなっていただきました。

                   


                  Tokyo Byora (Thailand)は3D形状測定機を導入しました

                  0

                    当社のタイ国における子会社である「Tokyo Byora (Thailand)」は3D形状測定機を導入しました。

                    螢ーエンス製の3D形状測定機です。

                     

                    この測定機は、0.1㎛の分解能で、速く、正確に面を測定できることが特徴です。

                     

                    高精度測定機は高精度になればなるほど作業者によって測定結果に差が出かねないという問題があります。

                    それをこの測定機はシンプルな操作で測定を行えるので、人によって結果がばらつくことはありません。

                     

                    これで「Tokyo Byora (Thailand)」の特徴である「微細精密加工機i300」の高精度直彫り加工、ならびに高精度放電加工をこの測定機によってお客様にわかりやすく保証することができるようになりました。

                     

                    「Tokyo Byora (Thailand)」は、これからも精密金型のみならず、高精度部品まで幅広く、タイ、東南アジア、インドのお客様のご要望に広くお応えできる微細精密加工メーカーを目指します。


                    今年も埼玉スタンプラリーに参加しています

                    0

                      明日から埼玉スタンプラリーが始まります。

                       

                       埼玉県の案内ページ http://www.sainokuni-kanko.jp/?page_id=1464

                       【期間】2016年7月15日から2017年1月15日

                       

                      当社は今年も参加しています。

                      当社は土曜日と日曜日はいつも休業ですのでご不便をおかけしますが、

                      以下の祝祭日は営業しています。

                       

                      子供たちだけでも工場をご案内しますのでお気軽にお越しくださいませ。

                       

                      【営業している祝祭日】9月22日秋分の日、11月3日文化の日、

                        11月23日勤労感謝の日、12月23日天皇誕生日、1月16日

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 難加工技術展2011で世界初!?の加工技術を初披露
                        高味
                      • 難加工技術展2011で世界初!?の加工技術を初披露
                        urayama

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM